癌になった家族のためにできること

去年、親戚のおじさんが大腸がんになりました。

今は離れて暮らしていますが、小さい頃はよく遊んでくれた優しいおじさんです。

おじいちゃんの介護なんかもあって忙しかったので、体調が少し悪いなと思ってもおじさん自信が病院に行く時間もなく、やっと病院に行ったときには末期で、お医者さんからは今年の春まで持つかどうかと言われました。

おじさんの家系では、癌患者がいなかったので、青天の霹靂です。

それを私が知ったのは、去年の12月のこと。

おじさんの妹である母が教えてくれました。

もしかしたらということもあるから、準備しておいてと。

それだけでも、驚いたのですが、もっと驚いたのは、告知についてです。

なんと、本人に知らせていないそうなんです。

おじさんはデリケートな性格で落ち込みやすいから、癌で余命が短いなんて伝えたら、倒れこんで何もできなくなるのではないかという、おばさんの配慮からでした。

開腹手術をしたのですが、明らかに悪いところだけ切除して、体中に散ってしまった癌は何もできなかったそうです。
でも、私はそれを聞いて、おじさんがかわいそうでなりませんでした。

今や癌患者の方のブログなんていくつもあるし、実際に患者の方が色々試して余命より長く生きたなんてこともたくさんあります。

例えば、癌患者の方は、もずくのサプリメントを飲むと良いということですが、それを家族がなにげなく飲ませたりするとおじさんは不思議に思うでしょう。

そこで、インターネットで調べると自分が癌ではないかと不安になったり、家族が自分に隠し事をしているのではないかと心にストレスを抱えることになってしまいかねません。

告知も治療も健康療法も何もせずにただ死を待つのであれば、癌であることを告知して、できるだけ長く生きられるように色々試すべきだと思いました。

癌になってしまった事実は変えられないけれど、家族が何かやってあげられることはたくさんありますから、自分が癌と知っても、おじさんの心は少しは安らぐのではないかと思います。

それを母に伝えたところ、おばさんを説得してくださり、告知をすることになりました。

もっと早く病院に行って、告知をしていれば、おじさんは癌を克服できていたかもしれないと考えると胸が痛いです。

でも、おじさんにはこんな家族がいてよかったと思ってもらえるように、これからは家族全員で精一杯できることをやっていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です